裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

武雄市図書館

佐賀県の武雄市図書館がTSUTAYAになった!などとなにかと話題にのぼりますが、
現状はどうなんだろうと思ってました。
さすがに遠くてちょっと観てきました、という具合にはいきませんね(苦笑)。

図書館が街を創る。 「武雄市図書館」という挑戦図書館が街を創る。 「武雄市図書館」という挑戦
(2013/03/28)
楽園計画

商品詳細を見る

これを読んでちょっと安心。(ちょっとね)
なにしろ、ニュースを聞いた第1印象は、大袈裟かもしれませんが、レンタルショップTSUTAYAに公共図書館が乗っ取られたという感じでしたからね~。
いわゆるTSUTAYAではなく、「代官山蔦谷書店」のイメージなんですね。
(どっちにしても、蔦谷にも行ったことないけど・・・)
そして、そもそも、町おこしに今主流の滞在型図書館が欲しかったわけですよね。

市長さんの方向性には、概ね賛成です。
居心地のよく、利便性の高い図書館が居住地にあることは、やっぱりいいことです。
そういう環境づくりは、大事な行政サービスだし、
これからは、街づくりの基本になっていくかもしれません。

ただ、細かい図書館運営の話になると、まだまだこれからだと思います。
ちょうど、図問研の「みんなの図書館」9月号に、武雄図書館訪問記が載ってますので、そちらもぜひ読んでみてください。
利用者側、管理者側の両方が望む、いい図書館めざして、これから育っていって欲しいなと思いました。

なお、読書の秋だからでしょうか、
日経新聞にも、「図書館新時代」という5回シリーズのコラムが掲載されました。(9/30~10/5)
各地の公共図書館の取り組みを取材していて、面白かったです。
図書館経営論や図書館情報技術の論文に役立つかもとチェック、チェックです(笑)。


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://uraniwa.blog7.fc2.com/tb.php/1337-4a4b1507