裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

ちびゴーヤ&小教研(25日)

ゴーヤに次々と花が咲いてます。
それはそれでカワイイのですが、花の次は実!
見つけては、ゴーヤの元を摘果(?)してますが、取りきれない・・・^_^;


ところで、偶然、ブックトークをやる機会がありました。
もともと、高校の司書だったNさんに講師の依頼があり、対象が小学校の先生なので、具体的なお話をやってもらえると助かると言われ、お手伝いすることになったもの。
難しい話は、Nさんがやって下さるので、私は、実践のみ。

5年生を対象に想定し、テーマは「目に見えるもの 見えないもの」
・「山の上の火」
山の上の火―エチオピアのたのしいお話 (岩波おはなしの本 (4))山の上の火―エチオピアのたのしいお話 (岩波おはなしの本 (4))
(1963/07/18)
ハロルド・クーランダー、ウルフ・レスロー 他

商品詳細を見る


・「紳士とオバケ氏」
紳士とオバケ氏 (ものがたりのもり)紳士とオバケ氏 (ものがたりのもり)
(2001/05)
たかどの ほうこ

商品詳細を見る

・「視覚ミステリー」
視覚ミステリーえほん視覚ミステリーえほん
(1999/05)
ウォルター ウィック

商品詳細を見る

・「いのちのまつり」
いのちのまつり―「ヌチヌグスージ」いのちのまつり―「ヌチヌグスージ」
(2004/10)
草場 一寿

商品詳細を見る

・「おりの中の秘密」
おりの中の秘密おりの中の秘密
(2005/11)
ジーン ウィリス

商品詳細を見る


本当は、もう少し長編読み物も欲しいところですが、今回は、ブックトークの多様さ、面白さを実感してもらうのが目的なので、こんなセレクションになりました。
先生方が授業で「ブックトーク」を実践するのは、正直難しいだろうと思います。
でも、教科書には、本の紹介欄もたくさんあるし、そんな時に、ブックトークの手法を使ってもらえるといいなと思い、そんな例もまじえて話をしました。

休憩後、Nさんが高校での実践例を実演しましたが、
さすが、慣れたもの。お話も上手で、高校生たちが図書の時間を楽しみにしていたのもうなづけます。
先生方も、集中して聞き入ってました。
(私の時と違う!^_^;)

終わってからの感想で、「聞いてて、読みたくなって仕方ありませんでした。最後を教えて・・・という気分(笑)」などという声も聞かれ、今回のブックトークの紹介はうまくいったと思います。
あとは、実際にやってくれるかどうか・・・です。



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://uraniwa.blog7.fc2.com/tb.php/1308-b7e425d9