裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

前途多難

2本目のレポートがなんとか形になりそうなので、別な科目のメディア授業第1回を聞いてみることに。
この前は、こんな小さい画面を見るのぉ~?と思ったが、
横長画面になることを発見!
これなら、黒板に書いた文字も読めるし、よかったよかった^^。
でも、聴いていると・・・当然、眠くなってきます。
学生に戻った気分でした(苦笑)。

ところで、2本目のレポートの課題に「図書館長になったつもりで、サービス案を考えよ」というものがあるのですが、先日たまたま館長さんとお話する機会があり、その時に館長さんの野望(?)を聞くことができました。
それは、児童書のフロアワークをしながら、読み聞かせをすること。
今は、職員の数が足りないので、そこまで手が回らないが、
書架の整理をしながら、子どもたちに声をかけ、今手にしている絵本を読んであげたい、とのこと。
そして、そういうことは、ボランティアまかせにすることではなく、
専門職員の司書だからこそできること。
というお話には、文句なく賛同します。

でも、でもですよ、学校図書館の司書なら、可能なんですよ。
学校司書が一人いれば、カウンターは図書委員にお任せして、子どもたちに臨機応変に本を読んであげることができるんです。公立図で実現すれば、それはそれでいいことだけど、
学校司書がいれば、毎日そんなことが可能になる。だから、市内の学校に司書を置くように働きかけて欲しい・・・と言いたかったんですが、学校にはあまり関心がなさそうで、そこまで話が進みませんでした。残念。

でも、この館長さんのお話はもっといろいろうかがいたいです。

Comment

レポート順調なんですね、2本目のが面白そう(他人事で(・。・;)  私だったら、カフェのような図書館がいい!勿論、フロアは仕切られ、ちょこっとお茶を飲みながらお話しできたらいいな、親子連れは、気兼ねなく寛げて、そして旬の雑誌が読めちゃったりして・・・・ああ、出来てほしい(^O^)/
2013.07.17 18:57 | URL | 葉月 #- [edit]
コメントありがとう
それがですね~。
提出する前に読み直して、1枚分字数が足りないことに気がつき・・・じぇ!じぇ!じぇ!です。
後何を書き足そう・・・。

葉月さんのイメージもいいですね~。
こちらの図書館にも、南相馬図のように、テラス席があるんです。
そこでなら、すでにそういうことも実現可能です。
やっぱり、秋の研修は、白河・那須方面へぜひ!^^
2013.07.18 09:16 | URL | 森クマ #- [edit]
同感!
確かに、フロアワークしながら読み聞かせって、学校司書なら当たり前の日常ですよね。うちみたいな大規模校だといつでも・・というわけにはいかないけれども、図書の時間で1クラスだけ来ている時や、あまり混んでいない休み時間ならできますもの。
でも、その図書館長さん、良さそうな方ですね。
2013.07.20 20:43 | URL | nora-taka #5Y53f.0k [edit]
公立図書館には珍しく、司書の館長さんです。
新築移転のために、ヘッドハンティングされたのか?
「どんどん変わりますよ!」と頼もしい限りです^^。

2013.07.20 22:09 | URL | 森クマ #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://uraniwa.blog7.fc2.com/tb.php/1304-115cd2a8