裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

天山の巫女ソニン外伝 クワン編

天山の巫女ソニン 江南外伝 海竜の子天山の巫女ソニン 江南外伝 海竜の子
(2013/02/26)
菅野 雪虫

商品詳細を見る

外伝は1冊にしてね、と念押ししてたのに、続きが出ました 。
でも、イェラ王女のことを書いたら、クワン王子も書かないわけにはいきませんからね^_^;。

道楽息子だったクワン王子が、いかにして王宮で信頼を得るようになったのか?が、今回の話ですが、
クワン王子より、セオがなぜクワン王子に仕えるようになったのか?が面白かったです。
クワン王子とセオは、いってみれば、ガラスの仮面の速水真澄と聖唐人のようなもの。
セオなくしては、クワン王子は存在しなかったも同然です。

なお、本伝ですでに(つまり、震災以前という意味)クワン王子たちの生まれ故郷は、封鎖されて立ち入り禁止区域になっているのですが、この外伝では、そこに原発事故による警戒区域をダブらせているように感じました。
(これは、私が当事者だからそう思えただけかもしれませんが)
立ち入り禁止の湾から追い出された元住民の苦しみが描かれていたり、ウィー姫が、大臣とお忍びでその禁止区域の湾を観に行く箇所などは、作者自身に思えたり・・・。
まあ、あまり余計な思い込みは不要ですが。

前回もそうでしたが、読後、また本伝を読みたくなってくるといううまい作りになってます^^。
ぜひ、この外伝も手に取ってみてください。







Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://uraniwa.blog7.fc2.com/tb.php/1265-7e70dd07