裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。
茶柱倶楽部
2013年04月16日 (火) | 編集 |
お天気がいいと、真っ青な空に桜がよく映えます。
飽きもせず、毎日桜を眺めてお散歩に励んでいます。

さて、お散歩のあとにはお茶を一杯飲みたくなりますが(無理やり?)、
面白い煎茶のコミックがありました^^。
茶柱倶楽部 1 (芳文社コミックス)茶柱倶楽部 1 (芳文社コミックス)
(2010/10/22)
青木 幸子

商品詳細を見る

3巻まで出ているようです。
キッチンカーがあちこちで、移動販売?商売?しているのは、イベント会場などでも見かけたりして、もうお馴染みですが、これは、煎茶の移動喫茶店。
日本茶の全国フェスティバル?を夢見ているお茶屋の娘が、国内をこの喫茶カー(?)で移動します。

最近、日中一人で飲むときは、無駄になるからとついティーパックで済ませてしまうことが多いのですが、お茶は好きです。それも渋めのものが・・・。
子どもたちもそんなお茶に慣れてしまったのか、透き通った薄い黄緑色はお茶に思えないようです。
うちの定番は、抹茶が入っていないのに、抹茶色・・・ですから^_^;。

お茶っぱの種類や量、蒸らす時間などをご指南いただけるのですが、それを自分でするのは面倒なので、入れてもらえば飲みたいものです(苦笑)。

ちなみに、うちの実家では、1巻に出てくる奥久慈茶の自家製でした。
だから、私もお茶摘みをやったことありますよ~。





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック