裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

帰ってくるな!

しばらくご無沙汰してました。
震災記念日前後は、メディアが一段と賑やかになるので、
毎日それはもう本当にイロイロと考えさせられました^_^;。

震災後2年を経過して、わかったことは、
私は、(私たちではありません。個人差がありますからね)避難民ではなくなったらしいということ。
避難民ではなく、どうやら難民になったようだということです。
警戒区域の区域再編はまだ確定していませんが、
このさき5~6年は、自宅地域は手つかずのままになりそうです。
この2年間は、あっという間に過ぎました。
この調子なら、10年たつのもすぐでしょう。
これから先は、難民なんだということを意識して生活したほうがよさそうです。

大辞泉には、「難民」・・・天災・戦禍などによって生活が困窮し、住んでいた土地を離れ安全な場所へ逃れて来た人々。とあります。
難民といっても、別に、あちこち放浪しなければならないというわけではありません。
どこかに定住するのももちろんOKだし、どこに住んでもOKくらいの意味。

そんなことを考えながら、日々、テレビで映画を楽しんでいたら、
「ニュー・シネマ・パラダイス」や「リトル・ダンサー」など、主人公が故郷を捨てていって成功する話が気になりました。
そこには、必ず、後押ししてくれる大人がいるんです。
「村を出て、帰ってくるな!」と。
この大人は、家族ではなく、第3者というところもミソ。
「3丁目の夕日」のように、父親から勘当されて「村」を出るのではなく、
家族関係は良好のまま、出ていくんです。

これね、警戒区域の人たち(特に子供たち)へも同じことが言えるんじゃないかしら。
故郷に帰ることも大事だけど、
帰らないで、自分の居場所を見つけることも大事なこと。
自分を見つけてから、数年後、数十年後に帰ってもいいんです。
故郷はきっと待っていてくれる。
そう願ってます。






Comment

ご無沙汰してます!
お元気ですか?
今週とっても暖かかったおかげで、うちの周りの氷(!)も大分減りました。
ここいらでは、ようやく季節がごろっと動いてくれた感じです。

体力勝負な毎日で、すっかりパソコンをさわらなくなっていましたが
本当に久しぶりにパソコンを開けて仕事をしています。
「裏庭」健在でよかった~。

「第3者」って物事を冷静に見ている人というイメージです。
森クマさんも、きっと誰かの「背中を押してくれる第3者」ですよ。

事故から2年たって、うちの子どもたちの背はだいぶ伸びたけど、そんな風に目に見えて変わったものはあんまりないな~って思います。
もっと、「なんとかなる」ンじゃないかと思っていた私は、無知だったなあ。

2013.03.15 23:57 | URL | なべよ #3un.pJ2M [edit]
元気ですよ!
なべよさん、お久しぶりです。
毎日、天気予報を眺めては、なべよさんのところはまだまだ寒そう・・・とおもってました。
そちらにも春の気配が近づいているんですね♪

4月からも今の仕事を続けるのでしょうか?
今月27日に、かんこさんがポプラ社で百科事典の使い方などの寺子屋をやりますよ。
私もちょっとだけ参加する予定でいます。
なべよさんもどうですか?
2013.03.16 23:14 | URL | 森クマ #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://uraniwa.blog7.fc2.com/tb.php/1245-e965b8a6