裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

学図研福島大会1日目 その1

青い空に白い雲、いかにも日本の夏といった気持ちの良い風景の中、
お昼過ぎに磐梯熱海の会場に到着。

早すぎたのか、まだ席はまばらで一人さびしく座っていると、
隣にちょっと高齢の二人組がやってきました。
熱心な方なのね~と何気なくお顔を拝見したら、震災直後に一緒に避難所を慰問したUさんでした。
共通の友人の話などで盛り上がり、
また、キョロキョロとあたりを見回すと、後方に見覚えのある顔を発見!
春の異動で転勤したE先生です。
E先生とは、SLAの静岡大会にいっしょに参加したこともあり、この大会へも声をかけようかどうしようかと
迷ったあげく声をかけそびれていたので、来てくれて嬉しかったです。

開会後の講演は、飯館村村長の菅野典雄氏「未来に生かす『までいの力』」
以前から、村に図書館ではなく、村営の書店を作るなどユニークな村づくりで知られていた飯館村ですが、
この震災後、全村避難にあたり注目度がアップ。
までいの言葉も全国的に知られるようになりました。
発想の柔軟さはどこからくるのでしょうか?
何事もあきらめず、発想の転換をすれば、解決の糸口が見つかるのかもしれません。
すこし、将来に光が感じられるお話でした。

震災当時、新しい学校図書館建設を予定していたとか。
実は、大熊町にも村長みずから見学にきたと耳にしてました。
いったいどんな図書館をイメージしていたのかという質問に・・・天井まで本を並べる!?
という答えがかえってきました。
もちろん、雰囲気作りの飾りのためだそうですが。
きっと、あの絵本美術館も研究したのでしょう。
06020008a-1.jpg

06020012.jpgこんな感じ?
これを学校図書館に取り入れようと思いますか?^_^;
つまり、それぐらい既成概念をこわさないとダメだということ。

講演後にやっと、お部屋に入れました。
部屋は、5人の相部屋で、当然知らない人ばかりと思っていたら、なんとブログ仲間のnora-takaさんと同室という嬉しいハプニング!
nora-takaさんのご友人たち(有名どころばかり)にも紹介していただき、楽しい出会いとなりました。

Comment

こんばんは(^^)
お疲れ様でした。
とても楽しかったですね。
これが例の絵本美術館ですか?!
すごい!
小学校図書館としては使い勝手や安全面でどうかしら?と思うけれど、それが既成概念に凝り固まった頭ということかしら?
こういうお部屋をヒントに、新しい発想で作るということ?
ユーモラスで聞き手をリラックスさせる術をわきまえた講演でした。
2012.08.05 22:35 | URL | nora-taka #5Y53f.0k [edit]
お世話になりました
もしかしたら、重厚な司馬遼太郎さんの書斎のイメージかもしれないけど、たぶん小学校だからこっちだと思います^_^;。
カバーを飾ったりすれば、通常の学校でも似たような掲示はできるかもしれませんね。

2012.08.06 11:30 | URL | 森クマ #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://uraniwa.blog7.fc2.com/tb.php/1158-fed36167