裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

図問研集会

知り合いの司書さんたちの発表があると聞いて、図問研の研究集会に参加してきました。
集会は今日と明日の2日間開催されますが、私は今日だけの参加。
早めに会場の図書館へ行くと・・・いましたいました!
久しぶりにお会いするHさん、Kさん。
H:わざわざ来た?
私:いえ、ここに住んでるんです。
H:えー、そうなんだ。
私:・・・(Hさんの奥さんは知ってるんだけどなぁ~?)

まず被災地からの報告ということで、南相馬市図のH司書、警戒区域から避難中のK司書、東北の被災地をまわった仙台の司書さんの発表がありました。
H司書もK司書も震災直後は(K司書は現在も)図書館業務どころでなく、H司書など単身赴任までして避難所の世話や支援業務に追われて大変でした。K司書も、避難所で役場の仕事に忙殺されながら、時間をみつけては避難所の図書室を整備していたというのですから、素晴らしいの一言につきます。

休憩をはさんで、山口県から被災地への支援報告。
ひと息ついてちょっとボーしていたところ、「杉山りょうさんが呼びかけて・・・こどもとあゆむネットワーク」と言う言葉がきこえ、ちょっとびっくり。映された写真には、仙台の横田やさんがうつってました。(ちなみに、りょうじゃなく杉山亮(あきら)さんですから^_^;)
こどもとあゆむネットワークの活動は時々サイトをのぞいてましたが、そこへ支援した方の話を聞けるとは思いませんでした。
それから、高校の司書さんの活動報告。
発表の動機が、定年を前にして日頃の活動をまとめてみるのもいいかと思って・・・とおっしゃるくらいですから、その活動もなかなかユニークなものでした。
司書の職階制についてなど、難しい問題も提起されたり、たまにこういう会に出るのも悪くないとおもえる集会でした。

その後、会場の図書館の建築設計にあたった方から、建物のレクチャーがあり、これは文句なく面白かったです。
しかも、この方、話を聞くより見ればわかることですが・・・と、始めたくせに、時間をオーバーしてますねとちっとも悪びれもせず言い、なおも説明を続ける(笑)という肝っ玉のすわった方で、見学時間はほとんどなくなりました。

急に参加を申し込み、会員の中でも有名なHさんや発表者のKさんと親しげに話す私に、司会者の方も声をかけてくれましたが、それは、この人なんだろうと不審に思ったためかしら?

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://uraniwa.blog7.fc2.com/tb.php/1078-837db67d