裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

10月になって・・・

昨日から3校目の学校に通い始めました。
全校児童100人弱の小規模小学校です。
図書室も校舎の突き当り、よくある普通の図書室。
でも、読み聞かせに来た保護者ボランティアさんでさえ、「この図書室で本を探すのは至難の業!あっちこっちにあるからわかんないですよ(笑)」
そう思うんなら、なんとかしてくれたらいいのに

というわけで、また本を探せるような図書室めざして改造開始!


そもそも単なる専業主婦の保護者だった私が、こんな仕事をすることになったのも、
子どもたちの学校の図書室があまりにみすぼらしく、なんとかしてやりたいと思ったから。
まずは読み聞かせに通って、先生と交流をもち(PTA役員もやりましたが)、
図書ボランティアを立ち上げてもらい、図書室に出入りできるように^_^;。
でも、全くの素人なので、どこから手を付けたらいいのか見当もつかない。
その時、偶然赤木かん子さんと出会い、いきなり、素人集団相手に分類講座をしてもらったのですが、今考えると、そんな恐ろしいこと(苦笑)を、よくしたと思います。
かんこさんも学校図書館に首を突っ込んだばかりだったので、とにかく素人相手だろうが誰だろうが、きちんと話をしてくれました。

たぶん、その当時は分類のぶの字も理解してなかったと思いますが、
学校図書館が面白くなってきて、ボランティアの立場とはいえ、もう少し本格的に勉強したいなぁと、放送大学の『司書教諭講習』を受講。
どこかで学校司書として雇ってくれないかなぁと、どんどん欲が出てきた頃、
隣町で臨時職員として学校司書を置くという話があり、今に至るわけです。

なんだか、近況報告から、変な話になってしまいましたが、
要するに、各地のボラさんたち、もう一歩踏み出しましょうよ。
そうすれば、私がこんな苦労をしなくて済むから・・・(笑)。

学校も3校目になると、第一印象はまたか!(がっくり)ですが、
ここはどう変えてやろうか?と、なんだか改造が趣味になりそうで・・・恐ろしい。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://uraniwa.blog7.fc2.com/tb.php/1017-1bf1024c