裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

ものがたりライブ第3クール開始

いよいよものがたりライブも最後の3日間となりました。
一緒に泊まった友人たちより、一足先にホテルを出発し、プークに到着。
今日は、Tさんがチーフ当番なのでちょっと気楽、そうはいっても、初めての受付係りだと気が付き、お金の出し入れは苦手なのでドキドキです(計算ができない(-_-;)
当日券をめあてに来てくれる人がいて嬉しいのですが、
連絡なしのキャンセルの方もいて、受付係りとしては、開演時間をにらみながらハラハラします。

今日のゲストは、東京子ども図書館の浅見和子さん。きちっと立ったまま、穏やかに語ります。
声が優しくていいですね。
そして、そして、今日はお得な日でした。
名探偵シリーズの挿し絵画家、中川大輔さんがやってきて、ライブ後はダブルサイン会となりました。
私もしっかりサインをいただいてしまいました。

午後の部には、古い知り合いのTさんが来てくれたので(無理に誘ったのです(-_-;)、
反省会はパスして、近くのカフェでゆっくりと再会を楽しみました。
午前の部にも、震災以来という友人が来てくれたのですが、、バタバタしていてろくに話もできず、ちょっと残念でした。
でもこのライブを機に、会えただけでも良かったです。






楽しい遠足

年に一度は、震災前に地元で活動していたお話サークルYのメンバーが集まろうというわけで、今回は杉山さんのものがたりライブにかこつけて都内に集合することになりました。
ライブの前日、上野駅に集合してまずは日暮里へ。
猫好きのメンバーがいるので、猫の街(?)谷中銀座と猫の企画展をやっている朝倉彫塑館見学です。
朝倉彫塑館は、彫刻家朝倉文夫が自身で設計を手掛けたというアトリエと住宅で、特に住宅は東南アジア様式を随所に取り入れた感があり、曲線にこだわった伸びやかな空間がとっても居心地がよかったです。
こんな家に住みたい!みんな口々に絶賛でした。
「猫百態」の企画展も、朝倉さんのネコ好きがわかりますね。あちこちに、本物の猫がゴロゴロしているような感じでした。

昼食後は、池袋に移動。
駅からサンシャイン60には、学生時代に何度も行ったはずなのに、すっかりおのぼりさんになって、まさかの迷子!?
ビルが乱立して、サンシャイン60もすっかり埋もれてました(-_-;)。
なんとか、水族館まで到着。
お目当てはやはり「空飛ぶペンギン」ですが、なかなかたどり着きません。
そこまで行くまでにも、面白い魚がいろいろいて、ペンギンのことを忘れかけた頃、やっと屋上展示へ出ました。
moblog_d0849408.jpg
黒いかたまりになってますが、ビューンとペンギンが空を飛んでいるのがわかりますか?
お天気も良かったので、真っ青な空とペンギンは見ていてあきませんね~。

そうこうしているうちに、はや夕暮れ。
今夜の宿へ急ぎます。
仕事で遅れて合流したHさんもまじえ、海を眺めながらシャンパンで乾杯して優雅な夕食をすませ、大浴場でゆっくり汗を流しと、素敵な宿を手配してくれたNさん、ありがとう。

ST*F小 サインは大事

もろもろの興奮と疲れがまだ残っていて、ボーっとした状態のままですが、
秋晴れの中、F小学校へ。

いつもは新聞記事を換えるだけですが、久しぶりにお月見の掲示をしました。
(といっても、昨年の使いまわしです(-_-;)
moblog_f0f6b0cc.jpg
お月様関連の絵本もたくさんあります。
4日の夜には、本物のお月様を見られるといいなぁ~。

図書室を共有している支援学級の黒板に『ごんぎつね・・・』とあったので、
先生に新美南吉コーナーを教えようとしたら、
子どもの方が気が付いていて、既に利用したということでした。
当たり前のことですが、「新美南吉の本」というサインが役に立ったというわけですね^^。
いくら、分類して並べていても、それは私がわかっているだけ、
誰にでもすぐわかるためには、サインが重要。
まだまだ足りないところがあるので、コツコツがんばりましょう。

ところで、給食はいつも5・6年生とALTの先生と一緒に食べます。
先日、3語の英会話がうまく(?)いった後で、図書館でこんな本を見つけました。

主語を変えるだけで、アクティブな英語の文になり、言いたいこともはっきり伝わる。
そもそも、日本語と英語は、思考自体が違うと思っていたので、
こういう風に文を組み立てると簡単なんだと納得しました。
毎回、3語で会話をするぞ!と意気込んでいたのですが、
今日は・・・何もなし。
次回がんばろう。

その翌日は・・・

私がお休みしていても、「ものがたりライブ9デイズ」は、開催してます。
翌日は、のんびりとお客様気分で姉と一緒にライブを観に行きました。
moblog_65aa79a2.jpg
お天気も良く、パネル杉山氏も入り口でお出迎えです(笑)。

今日は、nora-takaさんもいらっしゃるというので、楽しみにして出かけましたが、
入り口で、思いがけずYさんとバッタリ遭遇、エー!
息子さんを連れて、朝6時に出てきたとか・・・嬉しい~♪

姉もいるのでなるべく前の方へ、でもあまり目立たない席をと思っているうち、結局、一列目の端へ(これが後で・・・)。
前置きの話がちょっと長めで、ついつい時間を心配してしまいます。ここで既に絶対押してる!(-_-;)
まずは、八ヶ岳の風。
いつもながら、最初はみんなへぇ~という感じで(本当のことだと思って)聞いているのが、だんだん笑いに変わるのが聞いていておかしい。
次のゲストは、多田慶子さん。動き回る語りという紹介通り、舞台狭しと動いて、絵本「じごくのそうべえ」にある地獄めぐりの話を動語ってくれました。動き回る語りってどんなもの?と興味深々でしたが、この方、ダンサーでもあるようで、一人芝居というより、体を使って表現しながら語る?やっぱり動き回る語りとしか表現できないものでした。
あの動きはすごいです。
で、後半、杉山さんも負けじと(?)、動き回る「あいうえおのおけいこ」。
そして、「一目千両」。これは、初めて聞きました。女につぎ込んでしまう馬鹿な男の話で、最後を心配したら、意外なハッピーエンドに。
杉山さんには、こういう人情話が似合うと思いました。
最後は、「動物競馬」です。
中身は言えませんが、第6レースともなると新しい展開がありますね。
最後は、お客にどちらかを選んでもらうことになるのですが、そうです、一列目にいたおかげで、責任重大な役目をまかされました。
2通の封筒のどちらかを選ぶ。私が選んだおかげで勝つ人もいれば、負ける人も。うらまれる役ですね(苦笑)。

時間オーバーなのに、アンコールもしっかりやって(1分ですけど)、楽しかったぁ~♪

nora-takaさん、せっかくいらしてくださったのに、ご挨拶だけで残念でした。
またどこかで、ゆっくりお会いできる機会を楽しみにしてます。




結婚式

デザート

ものがたりライブで忙しいこの秋に、実は我が家のメインイベントが控えておりました。
それはなんと結婚式!
もちろん、私ではなく(言わずもがな(-_-;)、娘の結婚式です。

親族だけのこじんまりとした挙式と披露宴でしたが、かえってアットホームで花嫁花婿も笑顔が絶えない会になり良かったです。
最近のお式や披露宴には、私の知らない定番(!)がいろいろあり、楽しめましたね♪
花嫁の母として、私もリングピロー作りに挑戦しましたよ。
moblog_95990c66.jpg
左側のココットがそれです。
バムケロ好きな娘のリクエストにこたえて羊毛フェルトでチクチク・・・楽しくて、ウエルカムツリーまで作ってしまいました。

幸せになってね。




2日目続き パネルシアター

というわけで、やっとパネルシアターのことを書こうとしたら、既に
容子ママから拍手コメントをいただいてしまいました。
ありがとうございます。
これから、肝心の容子ママのステージングについて書きますね(笑)。

パネルは私も好きで、長年やってます。
おはなし会に変化をつけるのが目的でしたが、
絵本とはちがって、聞き手とやりとりできる面白さがあります。
それで、今日のパネルのステージは楽しみにしてました。
午前中のテレビ画面では、パネル部分がよく見えなかったので、
午後は、2階席からじっくり見せていただきました。

登場してすぐに、あれ?午前の時と衣装が違う?
もう見た目から入ってます。
タイトルは「ころころ」ですが、声もコロコロよく響きます。
横長の大きいパネルに、〇がいくつも転がります!
まず、このしかけに、エー!
(後で聞いたら、糸止めしただけ・・・とか)
そして、ペーパーを次々と貼っていくだけでなく、合間にみんなにお約束の動作をしてもらう。
そして、次の展開へ。
このメリハリがうまいですね。
話としては、〇やタマゴがころころ転がってきて、岩にぶつかり、中からいろんなものが出てくる。
それだけなのですが、一緒に動作をしながらだと、
ただ観ているだけでなく、ほんとに目の前で起きてるようなそんな臨場感を感じます。
ワクワク、ドキドキ、これはノリますよね~。

さすが、ご自分のオリジナル作品。
プロデュース力(?)が違います。
衣装や歌唱力は、到底私にはまねできませんが、お話の構成はぜひ見習いたいものです。

すぐ感化される私としては、
まず、以前からのお気に入りのあの作品を改良してみたい・・・と思うのでした。





杉山亮ものがたりライブ9デイズ2日目

昨夜、なかなか寝付けなかったのはわけがあり、
2日目の今日は、私がスタッフチーフの当番になっているからでした。
でも、日替わりのスタッフの中に、昨年も参加の方がいたり、
それぞれの役割をみなさんが手際よくやってくださるので、ほんとに助かります。
心配していた台風もまだ近づいていないようで、小雨程度。

ゲストも到着し、準備万端と思っていると、受付時間にはまだ間があるのに、小学生の集団が到着。
実は、担任の先生が企画してくれてクラスのみんなでやってきたのです。
ロビーで待っているよりと、そのまま席に案内することにしました。
1年生が20人入ると、がぜん賑やかです♪
会場係りも学童指導員?に早変わり(苦笑)。

今日は、受付ロビーで待機していなくてはならないので、会場の様子は中継テレビで観戦です。
毎回、最初の語りは八ヶ岳モノで、子どもたちの笑い声が良く聞こえます。
ゲストの容子ママのパネルシアターも、観客とのやりとりが楽しそう。
午前の部が終了して、みんな楽しそうな顔でロビーに出てくるのが、こちらも嬉しいです。
そうそう、びっくりしたのは、皆さん、ライブが終わると一斉に下を向いてアンケート書きに熱心なこと。
だから、終了後なかなかロビーに人がこないのです。
それと、今回、名探偵シリーズの最新刊が売り場に並んでいるのですが、
小学生たちは、表紙を見てすぐに「あれ?見たことない」と、わかること!
『どれもこれも名探偵』(?)にしかみえないおばさんとは違うのです(笑)。

午後には、交代してもらって私もパネルシアターを見せてもらいました。

続く・・・。




はじまり、はじまり~♪

ついに、今日から「杉山亮ものがたりライブ9デイズ」が始まります!
私もスタッフ初参加で、ドキドキです。
朝、会場に9時集合。
まずは、アンケート用紙にチラシを挟み、客席にセット。
持参したパネル杉山を組立てたものの、やはりでこぼこした床だとぐらぐら、安定がわるい。
見かねた会場の方が、鉄骨の支えを提供してくれて、しっかり自立してくれました(-_-;)。

お客さんが来る前に、ゲストのお弁当を近くのお店にお買い物へ。
自然食品で有名なお店らしいです。
この会場は、入り口が1階、ステージが地下1階、楽屋は地下2階というつくりで、
お弁当を地下2階の楽屋に届ける。
とにかく、ちょっとした用事で何度も階段を上がったり、下りたりする羽目になり、いい運動です。

今日は会場担当なので、お客様を客席に案内する係り。
ライブ中も会場内にいるので、一緒にライブを楽しめるという美味しい役どころです。
今日のゲストは、獅子舞の金子しゅうめいさん。獅子舞なんてとっても久しぶりです。
お客様と一緒に、頭をお獅子に噛んでいただきました^^。
なにかいいことがあるといいなぁ~。

午前のステージが終わり、いそいでお昼を食べると、もう次のステージのお客さんがチラホラとやってきます。
あっという間に、午後のステージが終わると、皆さん、手際よく片付けに入ります。
最後に、楽屋に本日のスタッフが集合し、本日のアンケートを回し読みしながら、今日のあれこれを言い合って、終了。
雨が降りだす中、帰途につきました。

帰途といっても、私は明日も参加なので、今夜はホテル泊。
部屋に戻っても、明日の段取りをおさらいし、なかなか寝付けないのでした。

9月おはなし会 O小

夏休みがあったので、久しぶり。
いつものように、まず中学校に寄って、お茶のみボランティア。
帰りがけに、調べ学習のまとめ方のヒントをもらう。M先生ありがとう^^。

小学校には、震災後恒例になっている宮城県の大学生ボランティアが来ていた。
その学生を引率してくるのが、A先生。
震災前には、O町のALTでした。お元気そうでなにより。

その学生たちも参観しながら、おはなしの会。
私は、ペープサート「口の大きな蛙の子」。
このところ落ち着かないので、語りの練習ができませんでした。
というのも、ついに、あさってから新宿で「杉山亮ものがたりライブ9デイズ」が始まります!
私も明日には上京して、準備です。

みなさん、まだお席に余裕がありま~す。
急に時間が取れた時には、当日券もありますので、どうぞ気軽にお出かけください。

お墓参り

moblog_940fe2a3.jpg

1日遅れでしたが、義父の命日のお墓参りに出かけてきました。
秋晴のいい日でした。


ST*F小 カレーに唐揚げはきつい!

タイトルは、本日の給食のこと。
たいてい、パンの日が多いのですが、今日はカレーライスでした。しかも、鶏のから揚げつき。
豪華すぎる(-_-;)。

moblog_0c459ed5.jpg
先週つけた栴檀の実です。クリックすると大きくなります。

前回頼まれた「はたらく犬」の本を4年生へ提供。
教室へ運んでいるうち、教科書関連の本が1学期分までしか揃えていなかったことに気が付き、慌てて先生から教科書を借りて揃える。新美南吉の本もリクエストされたので、やはり、先週移動した書架に「新美南吉」のサインをつけわかりやすいようにしておく。
ついでに、「宮沢賢治」と「戦争」サインも。

サイン作りのついでに、廊下の百科事典コーナーにも。
moblog_d883f92f.jpg
このコーナー、先生方には評判いいようです。肝心の子どもたちは・・・?