裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

塩谷先生の新刊が出ました

「司書教諭の実務マニュアル シオヤ先生の仕事術」 塩谷京子 明治図書出版

基本的に教師の立場からのマニュアルですが、
これを読むと、司書教諭がやるべきことがわかるので、
学校司書も読んでおくと役に立ちます。

たとえば、図書館を授業に使って欲しいと思っていても、学校司書の立場ではなかなか言えませんが、
司書教諭を通して、職員会議なり教育計画などに組み入れてもらうことは可能です。
司書教諭のいない学校なら、学校司書がある程度やってもいいんじゃないかしら?
(もちろん、図書館担当の先生を飛び越えないようにです(-_-;)

3月のライオン 後編

映画「3月のライオン後編」が始まったので、早速観てきました♪

今回の準主役は、後藤!
終盤の獅子王戦決勝のあたり、よかったです。
でも、個人的には、零と宗谷名人との心の交流をカットして欲しくなかったぁ~。
天才同志がじんわりとわかりあえる場面、宗谷名人(加瀬さん)がフッと笑う場面を見たかったです。
ひなちゃんのいじめよりそっちを・・・でも、「いじめ」がないと将来の結婚という局面に進まないし・・・(-_-;)。
なにより、原作の筋に沿ってるんですか?
連載中の分は読んでないので、わからないのですが、どうもうまくまとめられてしまっているような感じがします。
ちょっと欲求不満が残りますが、原作を読み直して解消します(笑)。

あ!でも、映画の最後のクレジットが、
3月のライオン March goes out like a lamb.  になってました。



夏井千本桜

風が強いけど、晴天の中、今日もF小にボランティアに行ってきました。
帰りに花見でもと密かに考えながら行くと、高速から見える小野町は、
「山また山 桜また桜」といった風情、満開です。ヤッター!

でも、まずは、作業です。
掲示の張替えと3年生の学級文庫がメインと思っていたら、図書室に不審な段ボール箱が・・・?
絆支援の寄贈図書が到着してました。
もうね、書架もいっぱい、どこに入れたらいいのかしら?
どうにかこうにか、展示用のブックトラックにあった図書を、パズルのようにあっちこっちに押し込んで(-_-;)、
新着図書を廊下に飾ってきました。
最近、せっせと仕事をしてバタバタと帰ってくるので、写真を撮り忘れてますね。

さて、お楽しみのお花見です♪
こちらは、ちゃんと撮影してます。
いつも高速から眺めるだけでしたが、夏井千本桜を間近で。
moblog_fedc94f5.jpg

千本桜と言うだけあって、歩いても歩いてもずーっと向こうまで桜並木が続いています。
土手の黄色い花は、ラッパ水仙。
この写真はあまり目立ちませんが、見事に咲いてました。桜と水仙のコラボは、寒冷地(?)ならではですね。
moblog_0d923c99.jpg

県内であと桜が見られるのは、会津でしょうか?





春は植物

moblog_c601d058.jpg
庭の植物も一斉に芽吹いてきて、いい季節になりました。
これは、たぶんライラック。

こんな季節におすすめの本です。(まだ私も読み始めたところ(-_-;)

「牧野富太郎 なぜ花は匂うか」 平凡社

植物学者、牧野富太郎の植物についてのエッセイ集。
『私は、植物の愛人…』と自分のことを分析するほどの植物好きの牧野さん。
東大の講師もしていた(というか、教授じゃなく講師?)牧野博士ですが、じつは、学歴は小学校中退!
貧乏で通えなかったわけではなく、お金持ちのお坊ちゃまだったから通用したようです。
そんな植物オタクのわりに、哲学的な文章で、新芽や花を眺めながら読むのにピッタリです。




小峰城

市内がどこも満開なので、舟田の桜はもう終わりだろうと思いながら、行ってみました。
足元の芝桜は満開でしたが、桜はだいぶ葉が多くなってました・・・。
でも、優美な枝ぶりを眺めて、満足です。

気を取り直して、小峰城へ。
moblog_b2364e02.jpg
石垣の復旧工事がまだ続いてます。
ここは、周りの石垣がくずれただけで済みましたが、熊本城は、いまだにあちこちの石垣が崩壊し続けているらしいですね。あちらの崩れ具合は比べものにならないほど厳しいですから、じっくり腰を据えて復旧に取り組んで欲しいものです。

moblog_c3c7e884.jpg

お城と桜は似合いますね。


楽翁桜

moblog_cf6788b9.jpg
週末が暖かかったせいか、一挙に桜が咲きました!
今日は、風が強かったので、写真がぶれてて残念(風のせいかなぁ?(-_-;)
色は濃くて、とてもきれい。

「まるまるの毬」

 西條奈加 講談社

今回の読書会の課題本、「まるまるの毬」です。
まず表紙絵がいいですね。このところのマイブームが和菓子なので、すぐに飛びつきました。ただ、話の中に今川焼は出てきませんでしたよね?なぜこの絵にしたんでしょうか?(ポイントがずれててすみません)
ずれたついでに、おじいちゃんが和菓子職人で、その娘と孫が店を手伝いながら・・・という設定は、「3月のライオン」ともちょっと似てます。孫娘がつらい立場を乗り越えて和菓子屋を継ぎたいと思うようになることも。

治兵衛さんの出生の秘密を軸に、和菓子がうまく使われ、親子3代の気持ちが絡み合う、しっとりとしたいいお話でした。いい人ばかりが登場する中で、印象的だったのは、柑子屋の為右衛門さん。終わりごろ(303ページ)の治兵衛さんとのやりとりで『私はあんたに、詫びるつもりはない』と、どこまでも意固地な姿を見せ、それを素直に受け取る治兵衛の心持ちが、ぴりりと効いていたように思いました。
西條奈加さんは、初めて読みましたが、調べてみると題名は聞いたことある本が多く、「涅槃の雪」は中山義秀賞受賞作ですね。今後、少しづつ読んでいきたいと思います。

武相荘

moblog_7526c99e.jpg
白洲次郎・正子夫妻が住んでいた家です。
その名も「武相荘」(ぶあいそう)


農家を改造したそうですが、入ってすぐの土間がリビングになっていたり、ハイカラ(!?)でした。
この日は初夏のような陽気でしたが、庭は樹木も多く、木陰のイスに座ると涼しいくらい、気持ちが良かったです。
外は、普通の街並みですから、ここだけタイムスリップしたような空間でした。

敷地内でちょうど骨董市をやっていて賑やかでしたが、武相荘の中の骨董には及びませんね。
それでも、青磁のバラ模様の素敵なお皿にちょっと心が動きましたが、
5枚組を持ち帰る元気はありませんでした。


牧野記念庭園と桜餅

moblog_9fc90bf8.jpg
 
ダンナの用事に合わせて家族で食事をしようと上京。
待ち合わせまで時間があるので、大泉学園にある牧野記念庭園へ。
牧野さんに興味を持ったのは、娘に紹介されたこの本を読んでから。


ここの記念館が、娘の好きな建築家の設計でもあり、娘と一緒に行ってきました。
植物園なので、どの植物にも名前がついていて、わかりやすくていい。
moblog_00dfd8a6.jpg
ずおうといったら桃色と思ってましたが、白いずおう、きれいですね。
まだ、桜が残っていて、嬉しい限りでしたが、桜と言ってもいろんな種類の桜があって驚きました。

小学生くらいの女の子が「きつねのかみそり?」なんて読んでいたけど、きっとその名前をいつまでも覚えていることでしょう。
どんな花なのか、私も引きつけられました(笑)。
花の時期ではなく、残念。

記念館には、牧野富太郎さんが植物を採取した場所を日本地図に記したものがあり、
それを見ると、福島県は浜通りをずーっと歩いたもよう。
いったい何を採取していたのでしょう。
牧野さんの生地、高知市には立派な牧野記念館があるそうで、そこも同じ建築家によるものなので、
娘は絶対行きたいとか。
庭園には、ベンチもあるのでゆっくり眺めることができます。
栴檀が咲くころにでもまた来てみたいです。

その後は、この時期に食べたいものがあって・・・。
桜といったら桜餅。
moblog_a281a8ac.jpg moblog_05a1a07f.jpg
浅草、長命寺の桜餅です。
遅くなってしまい、店内での飲食は終了と言われ、すぐ前の隅田川土手のベンチでお茶することにしました。
この桜餅、桜の葉が3枚もついてます。
勿体ないけど、1枚だけくるんでいただきました。
うす~い皮が上品でおいしい!


またボランティア

いわき市内では、もう桜が5~6分咲き?きれいです。
曇り空ですが、気分が高揚してきますね。

新学期が始まったばかりなので、教室の廊下には、クラスの子どもたちの名前が貼りだしてあり、学校内もウキウキしています。
在校生と顔を合わせると、みな、ニコニコして『○○さ~ん』と迎えてくれ嬉しいです。
廊下で、新任の校長先生と出くわし、お久しぶりですと話が弾みました。
震災前の勤務校でご一緒した教頭先生で、めでたく校長となられたのです。

今日の作業は、貸出の名簿づくり。
マニュアルをみながら、なんとか在校児童の進級と、新入生・転入生、先生方の分を入力、プリントアウトして、終了。
これで、明日から貸出しできます。
次回は、学級文庫の整備とまた掲示かな?


水芭蕉

K市内の公園に水芭蕉が咲いているというニュースを聞き、行ってみました。
たしかに群生してます。
でも、駐車場からすぐのところで見られるので、あまりありがたみが感じられず、『わぁ~、水芭蕉だ!』という感激がありません。
贅沢と言えば贅沢ですね。
moblog_ee41cdf1.jpg

moblog_60dccec9.jpg







カラーマンホール


moblog_a7020b1a.jpg
マンホールカードが出たのは知ってましたが、
カラー版がお目見えしたことを新聞で知り、
早速、ゲットしてきました。
南湖の湖面は、やはりカラーだと映えますね。

風が強いけど、ポカポカ陽気で、コートを着ていると汗ばむほど。
でも、桜は・・・?



ん~、花が咲くのはまだまだのようです。










森の風

moblog_f402a784.jpg
ガーデンデザイン森の風のフェアに出かけてきました。
昨日は寒かったけど、今日は、上着なしでもいられるほどポカポカ陽気^^。

こちらでは、時々、ガーデニング講座も開かれるようですが、本格的な感じで尻込みしてしまいますね。
素敵な寄せ植えが並んでいて、眺めるだけで十分、春を楽しんできました♪

うちのベランダのコブシもやっと蕾が膨らんできたし、
冬の寒さに枯れそうになっていたバラも、家の中に保護してあげたら、蕾がひとつ、もうすぐ咲きそう!
春は、静かにやってきてます。