FC2ブログ

裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

お盆ですがダジャレ俳句

高浜虚子の夏の句に
  
  夏の蝶日かげ日なたと飛びにけり

という句があります。

夏の道日かげ日かげとかくれけり

またダジャレ俳句

お岩さんにつるべとられてもらい水

元の句は 「朝顔につるべとられてもらい水」です。
夏といえば怪談。うちの井戸にお岩さんが出るようになっちゃって、使えないのよ~(笑)。といったところでしょうか(-_-;)。

梅雨が明けたのはいいけれど、急に暑くなりました。
お岩さんでも出てくれたら、少し涼しくなるんでしょうかね?でも、夜しか出ない?

ダジャレ俳句

夏草や やぶ蚊どもめが 服の中

元の句は、「夏草や 兵どもが 夢の中」 松尾芭蕉です(-_-;)。
これだけ雨が多いと、庭は草だらけ。意を決して草むしりに励んでみたが、あっという間にやぶ蚊のえじきに。しかも、キャー、服の中まで入りこんでる蚊までいるじゃないの・・・。

ダジャレ俳句のおすすめ

素敵な俳句を詠むのが理想ですが、なかなかそうはいきません。
そこで、俳句の筋トレに、ダジャレ俳句というのがあるそうです。
もともとある有名な一句を、ちょっとだけ変えてちがった趣(?)にするというもの。
たとえば、

古池や蛙飛び込む水の音古池やクジラ飛び込む水の音

ポチャンという音が、どっぼ~んといった感じにかわるでしょう?(-_-;)

というわけで、時々、筋トレ俳句をご紹介することになりそうです。
まず、
 冷たさや喉に染み入るビアの泡  (閑さや岩に染み入る蝉の音)

鯖湖湯マンホール

moblog_7e437595.jpg

飯坂温泉で鯖湖湯のマンホールを見つけました。
まわりには、リンゴ、桃、サクランボ、梨の果物が描かれてます。

鯖湖湯は、あいにく休日で入れませんでした(-_-;)。