裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

「ものがたりライブ9デイズ」受付始まる!

前にもお知らせしましたが、
杉山亮さんの「ものがたりライブ9デイズ」の受付が始まりました。
昨年も開始ダッシュがすごかったようですが、今回も!

やはり、松岡享子さんの回の出足が良く、受付開始3日目の本日、午前の部はすでに満席となりました。
さすがの人気です。
でも、ご安心ください。
杉山さんは毎日やりますし、他のゲストの方も楽しみな方ばかりです。
私は一応、24日に行く予定です。

まだまだ始まったばかりで、余裕がありますから、じっくり考えて申し込んでくださいね^^。

7月おはなし会

雨の予報だったけど降られずにすみ、それは良かったけど会津はやっぱり暑かった。

いつものように、お茶のみボラ(?)にまずは中学校へ。
新着本がたくさんあり、ブッカーがけに忙しかったようでした。
でも、ここでの情報交換は、楽しいひとときです。
今日も、市内の学校図書館について、いろいろ教えてもらえました。

ゆっくりランチを楽しんでから、目的の小学校おはなし会へ。
この時期、暑いうえに5校時にプールが入るので、6校時のおはなし会は、あまり静かなお話は向きません(-_-;)。
なぞなぞも良かったですね。
私は、怖い話「真っ赤な口」をやりました。
これは、怖がらせるだけで、最後は笑っておしまい。
あまりに衝撃的なラストに、子どもたちは笑うというより、あっけにとられてたみたい(苦笑)。
子どもの人数が少ないのを気にしてなのか、校長、教頭先生たちも勢ぞろいして聴いてくれましたが、
本当は、おはなし会の実態調査だったりして?
(こんな会ならやめよう・・・なんてことになったりしないよね?(-_-;)

慣れちゃダメ

7月6日(木) 図書館おはなし会
 反省会で、同じボラのNさんが、「手遊び歌はいちいち説明を入れないで、1番、2番と続けてやらないとリズムに乗れなくて、楽しめないでしょ」とおっしゃった。
たしかに、このところ司書さんたちも慣れてきているので、あまりうるさく口出ししないように、気を使っていたけど、言ったほうがいいこともあるわね~。

7月8日(土)
久しぶりに友人と語る会!?
やはり、話すことは健康のひけつかも。

7月9日(日)
駅構内でやっていた「おばあさんの民話小屋」が、アーケード内の一室で再開している。
ちょっと聴きにいってみた。お話が上手な人もいるけど、この会の目的がいまいちはっきりしないのよね。どんな人に聞かせたいのかな?

小学校おはなし会

今年度初めてのおはなし会です。
久しぶりにみんなの顔がみられると楽しみにしてたら、
Hさん、Sさんが都合で来られず、学校司書のSさんまで明日の研究授業の準備でお休み(-_-;)。
1年生がひとり、2年生が3人、先生が4人。

さて、今日のメニューは、
・絵本「しっぽ」 長新太 のら書店

  
私も絶対カメレオンと思ったところで、子どもたちも自信をもって「カメレオン!」。でも違うのよね~(笑)。

・絵本「ゆっくりむし」 みやざきひろかず ひかりのくに

 
ゆっくり、のんびり・・・。

・ビッグブック「そらまめくんのぼくのいちにち」 なかやみわ 小学館

 
この時期、そらまめくんは定番ですね。

・手遊び 「雨乞い」?

・新聞紙話 「火事」
 事前の練習は失敗ばかりでしたが、本番はまあ上出来。 子どもたちもホースをもって消火活動を手伝ったのが良かったみたい。

・絵本「ともだちいっぱい」 新沢としひこ・文 大島妙子・絵 ひかりのくに 
 
ともだちいっぱい作ってほしいです。

・語り「アナンシと五」 

・絵本「ねんね」 さえぐさひろこ アリス館
 

ちょっと時間があまり過ぎて、最後の方は付け足し気味になってしまいましたが、
子どもたちはそんな大人の事情はおかまいなく、十分楽しんでくれたようです。
やれやれ。
 

藤田浩子さんはすごい!

おはなしおばさんの藤田浩子さんが「お話とわらべうたの教室」をやっています。
おととしも、この教室に参加しましたが、
その時は、昔話やわらべうたの元になる時代背景や言葉についての講義が主でした。
今回は、藤田さんがやる語りもプログラムされ、毎回いろんなわらべうたを教えてくれます。
保育士さん向けの教室なので、時間は夜。
昼間遊んで、夜に教室に出れば一挙両得!と思ったのですが、
一日めいいっぱい遊ぶことになり、帰るころにはへとへと、翌日もぐったり・・・。
しまった、と思いましたが、
教室に出れば楽しくて、やはり申し込んで良かったと思ってます。

毎回、最初に簡単な工作があり、おもちゃ?を作って遊びます。
ぶんぶんゴマは出来上がっているのをいただきましたが、
なんと藤田さんは4つのぶんぶんゴマを両手両足を使って回すことができるんです。
これは私もやってみたい!
こういう技も惜しげもなく披露してくれ、語りにいたっては「パクッてオリジナル」にしましょうとおっしゃる。
自分だけの芸にするのではなく、語りは伝承だという思いが伝わってきます。
うまくできるようになったら・・・ではなくて、
どんどん、なんでもやってみるのが大事かなぁ~と思うこのごろです。