裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

ST*F小 今年度開始

サポート・ティーチャーの今年度、初勤務となります。
通いなれた小学校とはいえ、初日は遅刻できないし(いや、これは毎回ですけど(-_-;)、緊張します。

辞令をいただき、仕事開始。
まずは、廊下の掲示から。お馴染みの栴檀の木に、葉と花をつけ、一気ににぎやかになりました。
今月のテーマは、雨の本。そのわりに、いい本が見つからず、ちょっと失敗だったかも。

moblog_608ee1ec.jpg

勤務が6月からなので、毎年、図書館オリエンテーションはなしで済ませていましたが、児童数が増えてきて、やっぱりやったほうがいいに決まっているので、図書館担当の先生に相談してみました。
給食の時間を5分ほどいただけたら・・・と提案したら、低学年の先生方がそれなら授業でやって欲しいと言ってくれ、絵本の読み聞かせも加えて、20分ほど時間をいただいて、図書館の紙芝居をすることができました。
担任の先生にも、「図書館の先生」からきまり事を確認してもらえて、今後も指導がしやすくなり助かると言ってもらえました。
 「図書館へようこそ」(調べ学習紙芝居シリーズ 1)  埼玉福祉会

そして、すっかり忘れていた教職員の貸出バーコード作成。
ソフトの使い方をきちんと覚えていないので、あれ?児童の登録はすぐできたのに、教職員はどこ?と余計な時間がかかってしまい、簡単なことに悪戦苦闘。ほんと、時間の無駄です。

次回に向けて、今年の総合学習のテーマに合わせて、足りない資料の依頼がありました。
阪神淡路大震災についてのものです。子ども向けの本をほとんど見かけませんが、もしご存知の方がいたらぜひ教えてください。今のところ、役に立ちそうなのは写真集かな?

今日もボラ・・・F小

F小では、バラが満開。 手入れがいいのね。

moblog_d983aad2.jpg moblog_ca3316cb.jpg

先日のサポート・ティーチャーの面接時に言われたことを教頭先生に確認。来月から正式勤務になります。

前回のやっつけ掲示を手直しがてら、ポプラ社が開催した「こどもの本総選挙」の結果も張りだすことにしました。
moblog_57356b98.jpg
ちょうど、昨年冬に購入した本がランクインしていたので、学校の蔵書に関心をもってもらおうという下心です(-_-;)。
「ざんねんないきもの事典」はその時、見送ったんですよね~。
2年生が、「うちにある」「僕、持ってる」と言ってました。

それにしても、ベストテンの本は、今、本屋さんに並んでる本ばかり。
この選挙結果は、人気があるかどうかですね。もちろん、面白いには違いないのでしょうが、最近の傾向として、メディアが取り上げるもの=面白い、とみんなが思いこんで買うから余計、騒がれるような気がします。
映画、音楽、テレビ番組も同様です。
(ひねくれた私は、視聴率が悪くても、自分が面白くて見てるんだから他人の視聴率は関係ないと思ってますが)

100位以内にランクインした本をよ~く見てみましたが・・・?
いわゆる人気本の中に、課題図書とおもわれる本、ハリー・ポッターなど、なんで?と思える本も入ってます。自分が感動した本は別だけど、みんなが面白く思うだろう本、親や先生が喜びそうな本を忖度して投票したとか?(苦笑)
まあ、単なるイベントと思ったらいいのか?
とにかく、子どもに手に取ってもらうには、まず中身より表紙!ではないかと思える結果でした。



F小へボランティア

ボランティアだと思うと、つい朝がゆっくりになり、いつもより30分以上遅れて小学校に到着。
絵本コーナーを開放的にするため、段ボール書架を移動することに。
そのままでは、さすがに動かないので、本をいったん出してみたら、段ボールがずいぶんはずれていることがわかり、大工仕事のように直しにかかる。なるほど、これでは無理な力がかかりこわれやすくなるわけです。
4校時は、1年生におはなし会の予定なので、作業は一時中断して教室へ。
食べ物をテーマに考えてましたが、ちゃんと朝ご飯を食べてきた元気な子どもたちばかりでした。

・絵本 「いろいろおふろはいり隊」 穂高順也・文 西村敏雄・画 教育画劇
 
スープのお風呂につかるまではいいけど、最後は高温の油で揚げられてしまうというシュールな結末!?

・絵本 「ねこのかあさんのあさごはん」  どいかや 小学館
 
ネコ一家の一週間の朝ごはんの様子です。ねこのみんなが大好きなメニューと言ったら、「さかな!」と元気に声があがりました(笑)。

・絵本 「くわずにょうぼう」  稲田和子・再話 赤羽末吉・画 福音館書店

もしかしてと思い、「にょうぼうって知ってる?」と聞いたら、やはり知らないとのこと。わからなくても話は楽しめるけど、一応説明してから始めました。五月節句に合わせて、読みたい本です。読み終えてから、しょうぶ湯に入ったことがあるか聞いたら、全員(7名)知らないと(-_-;)。じゃあ、鬼にたべられちゃうよ!とおどかしてきました(苦笑)。

・語り 「人参さん、大根さん、ごぼうさん」 藤田浩子さんの語りを参考
 お馴染み野菜の由来譚。盛り上げようと、実際の野菜を持参しました。
 大根さんの体洗いを一緒にやって楽しみました。

少し時間があったので、リクエストの「へんしんトンネル」を読んで終わり。
今日読んだ本は廊下に展示するからまた読んでねと声をかけておきました。
(先生から、読んだ本は教室に置いておけますか?と聞かれたので)

お昼を食べて、また書架の異動の続きです。
机横に置いてあったカラーボックスも移動したら、パソコン機器のコードがあらわになってしまい見た目が悪い、どうしようと困っていたら、F先生がやってきて、こっちがいいでしょうという感じで(F先生、日本語があまりうまくないので、話さないのです)、さっさと移動してくれ助かりました。
出入り口の近くにセットしてくれたので、子どもたちも使いやすそうだし、なによりすっきり収まりました。
2年生の先生も、図書室をのぞいて、絵本コーナーにまっすぐ行けるようになって嬉しいと言ってくれ、良かったよかった。

ボランティアの予定時間は過ぎたものの、掲示物をなんとか運動会向け?に作り、無理やり、「本はきみの味方だ!」のキャッチコピーを貼り付け、食べ物関連の本を並べて、やっと終了。
いつまでも働いている私を見かけて、S先生が「○○さん、まだ帰れないの?」と心配して声をかけてくれましたが、なんとか帰ることができました。
でも、連休明けまでずーっと、あのいい加減な掲示物が貼られたままになるわけかぁ~。恥ずかしい。



F小ボラと富岡図書館

途中の高速道路から桜の名所が見られるのですが、こちらはまだまだのよう。
見頃は来週かな?残念。

まだボランティアですが、今年度お世話になる新任の教頭先生にご挨拶して図書室へ。
今日は、4年生の国語の本の整備と児童の貸出バーコード印刷。
前回、どうしても名前の漢字がPCで出せなかった子がいて、その訂正を忘れずにできて良かったし、貸出を切望(?)していた子がいて喜ばれました(苦笑)。教師のバーコードは次回に。
中学校も同じ建物内にあるので、新中1生の制服姿もみられました。制服を着ているだけで、ぐんと大人になった感じです。中3になった子からも声をかけられましたが、生活範囲の狭い子たちにとって顔なじみの人と会うことは大事なことかもしれませんね。あ、これは私自身にもあてはまるけど(-_-;)。

1年生の先生からは、早速、おはなし会の依頼がありました。訪問回数は少ないけれど、次回の訪問日が決まっていると、仕事の約束はできるので、今年は訪問日を公表していこうかなと思いました。

今日は、このあと、富岡町図書館へ。
富岡町は、部分的に避難が解除され、小中学校も町で再開、町図書館も再オープンしました。

moblog_4362516d.jpg

そのあたりのことが、地元新聞にも掲載されましたが、友人が図書館再開に関わっているので、様子を見に行ってみました。

moblog_f712becd.jpg

私も、震災前はよく利用していたので7年ぶりの訪問となり、入り口でちょっとうるっとしてしまいました。
中は、以前とほぼ同様の感じですが、し~んとしています。広いだけに、ちょっと淋しいです。
それでも、私が滞在していた1時間程度の間に、数人の訪問者がありましたよ。
一応、私も利用資格があるので、登録して利用カードをいただいてきました。
ほんとは本を借りてきたかったのですが、返しに行ける気が・・・(-_-;)
新しい本も入り、これからです。
町民に慕われる図書館になって欲しいです。Hさん、これからもがんばってね。



「幽霊屋敷貸します」

 「幽霊屋敷貸します」 富安陽子 新日本出版社

富安さんの新刊のようです。
春の引っ越し時期にぴったりで、テンポがよく面白かった。
このところ、小学生向きの読み物をちっとも読んでなかったので反省して読んでみました。
表紙の文体はいいんだけど、絵をもう少しどうにかしてほしかった。子どもたちは、まず見た目が9割どころか10割だと思うので。