裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

ST*F小 本格的に図書室整備

昨年度から図書室が支援教室と兼用になり、
ついついあちこちに物を押し込んだまま、1年が過ぎてしまいました。
今年度こそ・・・って、早や10月になってしまいましたが、快適な図書室にとゴソゴソ動き回ってます。

今日は、隅の方に積み上げてある段ボールの片付けです。
まず、用済みの箱をつぶして、ひもで縛って倉庫へ。これで、1段おわり。
次の箱の中身は、事務用品の在庫。こんなにあるんだぁ~。
その下をあけてビックリ!なんと、データ入力したものの分類ラベルが見当たらず配架できなかった図書がどっさり入ってました。たぶん、長期休み前にまとめておいたものの、次の勤務日までに、誰かがその上に箱を上乗せして、忘れ去られていたんですね。(いや、忘れていたのは私・・・でした)
新規購入したものではなく、どこからか寄贈された中古品?正直、なくてもあまり困らない品揃えではありました(-_-;)。
いえいえ、そんなことを言ってはいられません。次回も引き続き作業です。

5・6年生は明日から都内に修学旅行。
給食中に、栄養士さんから食事のマナーについてのお話がありました。
担任の先生に、どこに泊まるんですか?と聞いたところ、なんと、私が数日前に友人たちと泊まったホテルでした。
ビックリでした。
素敵なレストランですよ~と、期待を煽ってきました。
楽しんで来てください。

ST*F小 サインは大事

もろもろの興奮と疲れがまだ残っていて、ボーっとした状態のままですが、
秋晴れの中、F小学校へ。

いつもは新聞記事を換えるだけですが、久しぶりにお月見の掲示をしました。
(といっても、昨年の使いまわしです(-_-;)
moblog_f0f6b0cc.jpg
お月様関連の絵本もたくさんあります。
4日の夜には、本物のお月様を見られるといいなぁ~。

図書室を共有している支援学級の黒板に『ごんぎつね・・・』とあったので、
先生に新美南吉コーナーを教えようとしたら、
子どもの方が気が付いていて、既に利用したということでした。
当たり前のことですが、「新美南吉の本」というサインが役に立ったというわけですね^^。
いくら、分類して並べていても、それは私がわかっているだけ、
誰にでもすぐわかるためには、サインが重要。
まだまだ足りないところがあるので、コツコツがんばりましょう。

ところで、給食はいつも5・6年生とALTの先生と一緒に食べます。
先日、3語の英会話がうまく(?)いった後で、図書館でこんな本を見つけました。

主語を変えるだけで、アクティブな英語の文になり、言いたいこともはっきり伝わる。
そもそも、日本語と英語は、思考自体が違うと思っていたので、
こういう風に文を組み立てると簡単なんだと納得しました。
毎回、3語で会話をするぞ!と意気込んでいたのですが、
今日は・・・何もなし。
次回がんばろう。

ST*F小 カレーに唐揚げはきつい!

タイトルは、本日の給食のこと。
たいてい、パンの日が多いのですが、今日はカレーライスでした。しかも、鶏のから揚げつき。
豪華すぎる(-_-;)。

moblog_0c459ed5.jpg
先週つけた栴檀の実です。クリックすると大きくなります。

前回頼まれた「はたらく犬」の本を4年生へ提供。
教室へ運んでいるうち、教科書関連の本が1学期分までしか揃えていなかったことに気が付き、慌てて先生から教科書を借りて揃える。新美南吉の本もリクエストされたので、やはり、先週移動した書架に「新美南吉」のサインをつけわかりやすいようにしておく。
ついでに、「宮沢賢治」と「戦争」サインも。

サイン作りのついでに、廊下の百科事典コーナーにも。
moblog_d883f92f.jpg
このコーナー、先生方には評判いいようです。肝心の子どもたちは・・・?



ST*F小 2学期も大変です

夏休みボケのまま、2学期初めての勤務です(-_-;)。

まずは、夏休み中に準備した栴檀の実を飾りつけ。
以前は、発泡スチロールの玉をマジックで塗りつぶしただけというおそまつな物だったけど、その玉に羊毛フェルトをチクチクしてみた。ちょっとは見栄えがするのでは?
今年度は、図書館のミニ改造に取り組んでいますが、
今学期の最初は、百科事典・図鑑コーナーを廊下につくること。
今までは、段ボール書架に授業関連書(宮沢賢治や新美南吉など)を置いてたけど、こういう本は場所さえわかれば、使うときには必ず使うので、何も廊下に置く必要はない。
せっかく、廊下に新聞を掲示してるので、百科事典ですぐ調べられたらいいかな?と思ったのです。
図鑑が抜けると、書架も余裕がでるし一石二鳥をねらいました。

そのほか、犬・猫コーナーを作ろうと蔵書をみつくろったけど、あまりパッとした本がないなぁ~(-_-;)。でも、ちょっと見た目が変わるのはいいことだし・・・と、思っているところへ、4年生御一行さまが図書室へ。
「福祉の本がありませんか?」ということですが、盲導犬なども入るというので、早速、「イヌ・ねこ」コーナーへご案内。読み物は・・・と先生には敬遠されましたが、児童が『後で借りに来る!』と言ってくれました^^。
犬の本については、この後、先生と相談ができて、良かったです。

夏休み明けなので、念のため貸出期間をチェックしたところ、問題なし。
とここまではよかったのですが、
昼休みに借りに来た子に「あと4冊かりられることになってますよ」と言われてはじめて、冊数をチェックしてなかったことに気がつきました。普段の貸出は1冊のみ。夏休み用の貸出冊数のままでした。
よく借りる子なので、気が付いて教えてくれました。良かったよかった。

結局、バタバタと一日が過ぎ、今日も写真は忘れてました。




夏休みの自由研究

昨夜、NHKで自由研究の番組がありましたが、その中に親子二代にわたってイモリの天気予報の研究をしている父親と娘が紹介されてましたね。
これは、もしかして父親があの本をどこかで見たのか?と思いましたよ。
今となっては、10年前のことになりますが
    ↓
  こちら