裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

「ツバキ文具店」

moblog_6978708e.jpg

moblog_e9f4b1ac.jpg
タイトルはツバキですが、写真は庭のバラ2種です。
去年植えたバラが元気に育ち、咲き始めました^^。
キアゲハもひらひらと飛び回ってます。
本当は、フジバカマを植えたいと思ってますが、なかなか苗がみつかりません。
(アサギマダラを呼び寄せたいから・・・(-_-;)

 「ツバキ文具店」 小川糸 幻冬舎
さて、「ツバキ文具店」は、テレビドラマを観ているだけでいいやと思ってましたが、
Nさんから、全然ちがうから、原作をぜひ読んでと言われ、本を手に取ってみました。
ドラマもけっこうしっとりできてると思ってましたが、原作のほうがやはりいいですね~。
それも当たり前で、原作の通りじゃあ、絵になりませんから、そこは仕方がないのでしょう。
すぐに感化されやすい私は、手紙をかきたくなりました。
巻紙にサラサラ~とか、書いてみたいです。
そして、やっぱり鎌倉いいです。また行きた~い。

?回目の一時立ち入り

moblog_090fb53d.jpg
 
気温が高くなるという予報に、恐る恐る出かけましたが、
海風が心地よく、無事に一時帰宅できました。

庭のつつじが満開!
こんなにきれいに咲いてるのに、誰にも見てもらえなくてちょっと可哀相。














今日もボランティア

moblog_f15ad501.jpg
新緑の白水阿弥陀堂です。
咲いているのはカキツバタでしょうか?
ウォーキングしている方がけっこういました。
今日の目的はここではなく、市内まで来たからついでに足を伸ばしただけで、
市立美術館のレオナール・フジタ展を観に来たのも、午前中、いつものF小にボランティアに来たから。
フジタ展も面白かったけど、常設展に草間彌生の作品があったのにビックリ!
あの水玉にクラクラしました。

さて、F小では、掲示の入れ替えをし、常置してある栴檀の木に葉っぱをはやしてきました。
だんだん、手抜きになっているような(-_-;)。
でも、時間が限られているので、どこかしらにしわ寄せが行くんですよね~。
3年生の担任から、記号の本をレファレンスされて、念のためデータをチェックしたら、
どこにあるのかわからない本があったりして、
いい加減に配置してあることをつくづく感じました。
蔵書数に対して、書架が絶対的に足りてないし、置く場所もないので書架を増やすわけにもいかないし、
なにか、思い切ったことをしないとほんとに、ただの倉庫になってしまいそう。
早急に、なにかしないと!

「新聞を読もう!」コーナー・・・ただ、新聞を貼ってあるだけですが、先生も自分の家以外の新聞は読まないので、珍しがって読んでくれているようです。もちろん、子どもたちと一緒にね。
新聞をとっていない家庭もあるみたいなので、新聞を見るだけでもいいのかも。





新緑

moblog_b18aec6c.jpg
雨上がりなので、よけい緑が映えます。
枯れちゃったかな~とあきらめていたモッコウバラにも、新芽があちこちに。
復活なるか?


畑からも、収穫物が・・・セロリにレタスにルバーブ。

さて、土曜から新しいドラマが始まりました。
「みをつくし料理帖」。
高田郁さんの同名小説が原作です。
原作は以前から、知ってはいましたが、文庫で何冊も出ているので面倒だなとスルーしてました。
でも、ドラマ化にあたり、まず1冊読んでみました。
 「八朔の雪ーみをつくし料理帖」 高田郁 角川春樹事務所
なるほど、ドラマはやはりテンポが大事。
原作のあちこちをつないでいることがわかりました。
でも、原作の雰囲気はうまく出てるんじゃないでしょうか?
一気に2巻まで読破し、このまま10巻全部読んでしまいそうな気がします。
だって、ドラマより先に読んでおきたいですよね。









今年もお茶のみボラ

会津のアスパラの時期なので、買い物がてら中学校の図書ボラに顔をだしました。
山越えルートは、ちょっと早目の新緑が楽しめます。
お天気が曇り空で残念でしたが、
淡い黄緑の山々に、薄いピンク色が点在して(まだ桜が咲いている!)、
ほんわかしたいい眺めでした♪

図書室へ直行したら、ボランティアのメンバーが増えててビックリ!
しかも、保護者の方というのですから、素晴らしい^^。
この日は会えませんでしたが、中学生OGも時々来てくれるとか・・・学校司書の先生の人柄も大きいでしょうね。

4月から、新しい校長先生が赴任してますが、
以前、教頭先生でいた時を知っているので、ご挨拶をしてきました。
この中学校も年々、生徒数が減って淋しくなってますが、新しいH校長は元気のいい明るい方なので、
きっと、元気溢れる学校になることでしょう。

さて、帰りには、郡山でサポート・ティーチャーの説明会がありました。
毎年、同じ話を聞くだけなので面倒でもありますが、派遣校の決定・確認の場でもあり、出ないわけにもいかず・・・。
そんな、ネガティブな気分でしたが、なんと、30年ぶりの知り合いHさんと遭遇し、話が弾みました。
2年ほどしか一緒に仕事してないのに、私のことをよく覚えていてくれ、そのことに感激です。

結局、今年度は、F小だけということになりました。
まあ、じっくりやります。